株式会社 福田電気工事 | 中沢幸一

株式会社 福田電気工事 | 中沢幸一
Profile
1980年、東京生まれ / キャリア15年 / 2013年入社


自分は高校を卒業して他業種で働いていたのですが「手に職をつけたい」と思い、この業界に入ってきました。学校には行かず、勉強はすべて現場。
親方について修行を重ね、独り立ちしました。福田電気工事さんとは10年前から仕事を一緒にやってきて、2年前に社長に誘われて正式に入社したんです。
とにかくエネルギッシュで、人を大切にし、会社だけでなく業界の未来までしっかり考えた姿勢に惹かれ、入社を決めました。


他社と比べてうちの強みは、個の力と風通しの良い環境。変な上下関係はなく、言いたい事を言いながら笑い合い、しめるところはきちっとしめる。
そして、実力がついてきたら早いうちから仕事をまかせてもらえるので、一人ひとり向上心と責任感が強い。
自分のモットーでもありますが、みんな「これでいいだろ」と横着は絶対にせず、技術と精度を上げる事を自発的に実践しているので、
個の力が強くなってくるんです。その相乗効果で集団としてレベルアップしていることを実感していますね。


この仕事は、つらい事や大変なことが多い。でも、ただ電気工事をするだけではなく、新築だとゼロから全ての工程に関わって、
最後に電気が点くまで、一つの建物が生まれる一部始終を体感できる喜びは何ものにも代え難い。自分は飽きっぽいのですが、
毎回違う現場で新しい発見があるのも楽しいですね。そして、例えば大がかりな工事現場だった東京競馬場など、
自分が携わった現場に子供を連れていって「お父さんがここの電気作ったんだよ」って胸を張れるのが、何よりもやりがいになってます。


株式会社 福田電気工事 | 中沢幸一

コートをかけめぐるボンバーヘッド?
4年生の娘と3年生の息子が始めたのがきっかけで、フットサルをやっています。
名前とガタイの大きさが同じの元日本代表選手に似てると言われますが、実力はどうでしょう(笑)。
会社の中や、業界内でもやっている人が多いので、仕事が終わった後に集まって試合をしています。
仕事と同じくらい走り回って楽しんでますね(笑)。